RESERVATIONネット予約

亀有店 堀切店

ネット予約できない場合もお電話でご予約できるケースもございます。

お電話受付時間:10:00~18:00(金11:00~19:00、日祝9:00~17:00)火曜日を除く

SHAPE GARDEN亀有店

03-5680-0594

SHAPE GARDEN堀切店

03-3690-0595

TOPICS

お肌にやさしく効果が高い!原液シリーズ

原液100シリーズは一般の化粧品と違い化粧品の原料となる素材を原料状態と同じ濃い状態でお肌に使っていただき、よりしっかりとした効果を出せるものです。
原料だからできる防腐剤や合成活性剤の不使用により、肌の弱い方にも安心して使っていただける優れものです。
狙う効果や肌質などで使うものをカスタマイズ出来、あなたにピッタリのラインナップをそろえましょう。
まずはご相談ください。
使用例
ひまわりシードオイルでやさしく5分程度マッサージ(クレンジング)
⇒リンゴアミノ酸をやさしくのせるように付ける(洗顔)⇒比較的短時間で水洗
⇒セラミド、マッサージではなく手で押さえるように付ける
⇒植物コラーゲンやイソフラボン、プラセンタ等
⇒ビタミンC誘導体やナノコラーゲン、EGFなど
⇒ヒアルロン酸
*あくまで一例です

 

ナノコラーゲン

ナノコラーゲンお肌にもあってハリや潤いを保っているコラーゲン。
いくつか種類があるみたいだけれど よくわからない・・
化粧品の成分の一つとして 使われているコラーゲン。
それが「加水分解」したコラーゲンなんです。
そもそもコラーゲンというのは「タンパク質」のこと。
私たちの筋肉や皮膚を構成している成分でもあり
体になくてはならない存在といえるでしょう。
豚の骨、皮やタラ、オヒョウ、ヒラメなどの皮から抽出される水溶性コラーゲンを、熱に溶かしてゼラチン状にします。
そして分解酵素という素で、さらに切断して作られたものになります。
つまり、加水分解コラーゲンとは、水溶性コラーゲンより分子量が小さく、肌に浸透しやすくなったものになります。
「低分子コラーゲン」、「コラーゲンペプチド」など別名があり、混乱する方もいるかと思いますが、同じものになります。
たんぱく質によるアレルギーが起きたことがある方だと、少し注意が必要かもしれませんが、基本的には安全なものになります。
色は、液体は淡黄色から濃褐色の透明か少し濁ったものになります。粉末は白色から淡黄色になります。
コラーゲンの種類(1型、2型、3型など)
現在、29種類のコラーゲンが存在することが確認されており、その種類は発見された順にI型、II型、III型…と名付けられています。型によって存在部位・構造・機能が異なっており、例えば、体内のコラーゲンの90%を占めるI型コラーゲンは皮膚、骨、腱、角膜などに、II型コラーゲンは軟骨に、Ⅲ型コラーゲンは皮膚や血管壁に多く含まれています。なお、皮膚に存在するコラーゲンは①真皮を構成するⅠ型・Ⅲ型・Ⅴ型コラーゲン(真皮コラーゲン)、②基底膜に存在し、表皮を健やかな状態に保つはたらきを有するⅣ型コラーゲン(通称:メッシュコラーゲン/シート型コラーゲン)、③上皮(基底膜近傍?) に存在し、真皮と基底膜をつなぐ役割のアンカリングフィブリルであるⅦ型コラーゲン (通称:吊り型コラーゲン) です。なお、Ⅲ型コラーゲンは胎児期に多く生成されるコラーゲンであることから、通称「ベビーコラーゲン」と呼ばれています。これらコラーゲンを保護し、産生を促進することが肌のハリ・弾力を維持するために重要であると考えられています。
ナノコラーゲンは分子量の大変小さいコラーゲンなのでバリアゾーンを通過し表皮層、真皮層まで浸透します。又、繊維芽細胞に働きかけコラーゲン及びヒアルロン酸の発生を誘導、増殖させます。即ちナノコラーゲンは保湿効果だけでなく肌本来がもっている保湿成分(コラーゲン、ヒアルロン酸)を産み出す力まで増強してくれます。
真皮層迄届く事を厚労省も認めている、ほうれい線などの深いしわには効果の高いコラーゲンですので、アンチエイジングに是非一本!
#葛飾区#亀有#堀切#SHAPE GARDEN#ドライカット

 

イソフラボン

イソフラボンというと、一般的に更年期障害や骨粗鬆症など女性の悩みに非常に効果があるというイメージがありませんか?実はそれ以外にもさまざまな効果があり、女性だけではなく男性にもピッタリの成分なのです。
イソフラボンはマメ科の植物に多く含まれています。その中でも私たちがよく口にするのは、きな粉や豆腐・味噌・醤油などに含まれる大豆イソフラボンなのではないでしょうか。
大豆1粒に含まれるイソフラボンはごくわずかだといわれており、その中でも植物の生命力の源である胚芽に含まれるイソフラボンは非常に優れた機能を持っているそうです。
大豆イソフラボンが美肌に効果的な理由の一つは大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た成分という事です。
しかしエストロゲンは、一生の内にティースプーンで1杯ほどしか分泌されないのだそうです。
女性ホルモン(エストロゲン)はコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促して肌を美しく滑らかに保つ働きがあります。生理の時期に肌荒れやニキビが出てしまう方も多いと 思いますが、それあ女性ホルモンのバランスが乱れているためですね。
大豆イソフラボンは植物性エストロゲンの1種です。大豆イソフラボンを摂取することで、体内で女性ホルモンの代わりに働き肌を美しく保ってくれるということです。
日常的に浴びている紫外線やストレスは肌の天敵。紫外線やストレスで活性酸素が発生し、コラーゲンが酸化して肌のハリやみずみずしさを失わせます。紫外線を浴びた肌は皮膚が硬くなり、シワなど皮膚の老化の一因になると考えたられています。
大豆イソフラボンには抗酸化作用があります。この作用が、紫外線やストレスにより発生する活性酵素と戦い、コラーゲンの分解を防いでくれるという訳です。
要約すると、大豆イソフラボンは、女性ホルモンの代わりに働き肌の潤いを保ちながら、抗酸化作用により紫外線やストレスと戦いコラーゲンの分解を防いでくれるということですね。大豆イソフラボンが全女性の夢ともいえる美肌効果が期待できるといわれる理由です!
後、体毛への抑毛も期待出来ますので、男性のヒゲを薄くしたり、髭剃り後につけると毛穴を引き締めてくれるので、肌荒れ抑制効果も。

 

オウバク

オウバク(黄柏)は、ミカン科の落葉高木キハダの>周皮を除いた樹皮で、 日本、朝鮮半島、中国北部、 ウスリー、アムール地方などの東亜圏内 のみに分布し、日本では北海道から九州にかけて山地に自生しているそうです。
雌雄異株、幹の直径は50~100㎝、樹高15~25mを超す大樹となります。キハダの樹皮(内皮)を乾燥させたものを生薬ではオウバクといいます。
オウバクは中国の神農本草経に収載されている 重要な漢薬の一つですが、日本では漢方が伝来 するはるか以前の縄文時代から薬として用いられ ていたことが明らかになっています。縄文人の居 住跡からクリやカシの実と一緒に壷の中に保存 されたキハダの樹皮が発掘され、その状態から 考古学上確認された日本最古の生薬といわれています。
オウバクの主成分はベルベリンですが、その他 パルマチン、苦味質のオバクノン、多量の粘液 などが成分として含まれています。 ベルベリンには抗菌作用があり、健胃整腸薬や 下痢止め薬としてだけでなく、古くは民間薬として 風邪や赤痢などにも用いられていました。 外用消炎薬として打撲傷、捻挫や肩こりに、 また口内炎、皮膚病、切り傷、目薬などとしても 用いられています。漢方でも下半身の熱をとり、 下痢を止め、腹痛を治し、黄疸を治す効用から配合剤として多く用いられています。
その他、民間ではキハダ酒などがあります。かつて中国では、公式文書はオウ バクで染めたとの記録があります。オウバクの防虫効果によるもので、わが国 でも、天平文庫書に黄檗染の黄色紙が記載されていて、実際にオウバクで染色された写経用紙が正倉院に残されています。
この消炎効果によりニキビケアにはピッタリですよ!

 

コンフリー

コンフリーヨーロッパでは、古くから根や葉を抗炎症薬や骨折を治すのに伝統的に用いていました。 サラセンズ・ルートという名前で昔から知られ、イギリスには十字軍遠征から戻った兵士が伝えたと言われています。接骨剤としてもちいるため、中世ヨーロッパでは農家などに大きく広まっていたようです。
日本へは明治時代に導入され、家畜の飼料や食用として利用され、昭和40年代に健康食品として一時期大ブームとなり、植えられたものが一部野生化しました。日本では、葉を天ぷらなどにして食べることが多かったみたいです。また、胃潰瘍や大腸炎などの病気に、コンフリーの錠剤やハーブティーを飲むことがありましたが、大量に服用すると肝臓を傷めるという事で現在では行われていません。
コンフリーエキスはコンフリーの葉から抽出して得られるエキスです。黄褐色の液体で、わずかに特異
なにおいがあります。アラントイン、コムソリジン、ロスマリン酸、パントテン酸、タンニン、ビタミン類、ニコチン酸、ミネラル類などの成分が含まれています。成分中に含まれるアラントインには、炎症を鎮め、かゆみを抑えるなどの薬理効果があります。食品では、アイスクリームにも使われています。化粧品では、消炎効果、保湿効果、収れん効果が期待されています。
主に化粧水や乳液、基礎化粧品、ヘアローション、シャンプー、リンス、育毛剤などに配合されます。
この炎症を鎮め、かゆみを抑えるなどの薬理効果を利用して、アトピー肌や花粉症の方々への抗炎症と鎮静効果がありますので辛い症状で薬を飲むのに抵抗のある方は是非お試し下さいませ。
#葛飾区#亀有#SHAPE GARDEN#ドライカット#コンフリー

 

ナノセラミド

ナノセラミド
表皮には角層、顆粒層、有棘層、基底層という4つの層があるのですが、このうち角層に含まれているのがらセラミドです。
保湿効果&バリア機能を持っているセラミドが不足すると乾燥性敏感肌の原因となってしまうのです。
つまり、敏感肌をケアしたいなら、良質なセラミドをしっかりと補給してあげることが大切。このセラミドをきちんと合成できないとアトピー性皮膚炎を生じたりすることが知られている、お肌の最重要物質です!
しかし、セラミド配合と書いてあれば何を使っても大きな効果が期待できるわけではありません。まず注意してほしいのは、植物性セラミドとか植物由来セラミドというもの。
セラミドというのは角層の中にある細胞間脂質の一種です。
セラミドは保湿効果だけでなく、乾燥などの外部刺激から肌を守るバリア機能も果たしています。乾燥敏感肌になってしまっている方は、このセラミドが不足しているのが原因!敏感肌の方は、何よりもセラミドを用いることが大切です。
是非!この機会に肌の中から肌質変化させていきましょう!

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、皮膚において水分を保つ働きがあります。人間の皮膚は外側から順番に、「表皮・真皮・皮下組織」の3つの層に大きく分けることができます。なかでも表皮の約10倍の厚みがある真皮は、多くのヒアルロン酸を含んでいます。
ヒアルロン酸は真皮のコラーゲンやエラスチンなどの主要な構成要素の隙間に存在しており、水分を抱え込む役割を持っています。真皮のヒアルロン酸が少なくなると水分を保持できず、皮膚の表面が乾燥し肌のハリもなくなっていきます。
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間でクッションのような役割を果たしているのです。1gあたり6Lの保水力があると言われています。
体内のヒアルロン酸は、年齢を重ねるごとに減っていきます。皮膚のヒアルロン酸濃度は、およそ40歳辺りから下り坂になると言われています。ヒアルロン酸の量が減ると弾力と潤いが低下し、肌荒れやカサつきの原因にもなります。
ヒアルロン酸は、真皮にある線維芽細胞が作り出しています。線維芽細胞は他にも、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリにかかせない成分を作り出しています。線維芽細胞は組織が損傷した時に大量のコラーゲンを作り出して修復を助けるなど、非常に優れた働きをします。
その線維芽細胞が衰えてしまうと、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの新陳代謝がスムーズに行われなくなってしまい生成も滞ります。すると、肌のハリや弾力が失われていきます。特にヒアルロン酸が失われると水分が減少するため、シワやたるみの原因になります。
また紫外線やストレス、化粧品による影響などによってもその働きが低下します。
ハリのある肌を保つためには、ヒアルロン酸を生み出すこの「線維芽細胞」の数と、その働きをキープすることが重要です。
その為には肌から栄養分を逃さない為にも日頃からヒアルロン酸にて肌にラップをしておきましょう!

 

ビタミンC

ビタミンC にはさまざまな美肌効果がありますが、ビタミンC は肌へ浸透しにくくそのまま化粧品に配合してもあまり意味がありません。
ビタミンCは空気や水溶液中の酸素と反応して、容易に分解されてしまう性質があります。
したがって、ビタミンCを豊富に含む野菜や果物も、煮たり、焼いたり、水中に放置したりすると
そのビタミンC含有量は急速に低下してしまいます。
近年、ビタミンCの構造には酸素と反応しやすい部分があり、そこに酸素が結合すると簡単に
壊れることが明らかにされました。
そこでバイオの技術で、ビタミンCの酸素と反応しやすい部分にブドウ糖を結合させたものが
ビタミンC誘導体である安定型ビタミンCです。
こうすることで酸素がビタミンCを攻撃できなくなり、安定な状態を続けられるようになりました。
ビタミンC誘導体は、酸素・水・光にも安定です。また熱に対しても、100℃の水溶液で3分間、
粉末状でも40℃で90日間以上安定した状態を保ちます。
肌への浸透率を高めた 「ビタミンC誘導体」 は美肌効果が高いです。
ビタミンC誘導体には、以下の作用があります。
コラーゲンの合成を促す作用によりシワの悪化を食い止める効果とたるみ毛穴にも効果的
皮脂を抑える作用があるのでニキビ予防に効果的
シミの元となるメラニン色素を作る作業を邪魔するのでシミ、クマの予防に効果的
すなわち抗酸化作用と抗炎症作用が高い原料です。
ビタミンC誘導体は たるみ、シワ両方に効果があるため1本持っておくと重宝しますよ。

 

リンゴアミノ酸

 

リンゴアミノ酸とは、もともと自然界にある成分で、
植物や海産物に含まれていて、
甘みや旨み、保湿の成分になっているそうです。ビート(砂糖大根)から作られています。
リンゴアミノ酸は、天然のアミノ酸系界面活性剤で、肌や髪に潤いと滑らかさを与える成分として、化粧品などにも使われています。
目に入っても痛くないほど低刺激なので、ベビーシャンプーの洗浄成分にもよく使われています。天然の成分なので、肌の弱い方でも安心してお使いいただけます。
洗顔のしすぎや間違った洗顔は角質層にダメージを与え、乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミなど、様々なトラブルの原因となります。
洗顔の目的は、酸化した皮脂やメイクなどの汚れのみを落とすことです。しかし、お肌に必要な皮脂や、お肌のうるおいを保つ角質層の細胞間脂質(セラミドなど)や天然保湿成分(NMF)まで洗い流してしまうような、過度な洗顔をしているケースが多く見受けられます。
酸化した皮脂は肌に刺激になってしまいますが、必要な皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分(NMF)は、お肌を乾燥やアレルゲンなどから守る大切なバリアです。
全身使えるリンゴアミノ酸は天然保湿因子を残せるので、安心して使用していただけますよ!

 

植物性コラーゲン

植物性コラーゲンについて!
コラーゲンと言いますと、一般的には牛、豚、鶏を原料にした動物性コラーゲンと水産物を原料にした海洋性コラーゲンを指します。
しかし、シェイプのコラーゲンの原料は植物性です。
なので、動物性のアレルギーの方々にも安心して使っていただける大豆由来の原料です。
なぜ植物由来の成分がコラーゲンと呼ぶのか...
それはヒドロキシプロリンという成分が動物性や海洋性にしか含まれないと思われていたのですが、なんと植物にも同じ成分が含まれていて、コラーゲンと良く似た性質があり、植物性コラーゲンと呼ばれるようになりました。
しかも、大豆由来の植物性コラーゲンは身体の細胞に働きかけてコラーゲンの生成を助ける効果もあるんですよ!
なので、同じく大豆由来のイソフラボンと植物性コラーゲンの原料を一緒に使用していただくと、完成度の高い栄養素になり、お肌の弾力性と水分含有量が多くなるので、つまり・・・気になる小ジワにさようならです。
ちなみに植物性コラーゲンとビタミンCを一緒に使用していただくと、コラーゲンの体内生産を促進する効果もあるので、目元周りの弾力が少なくなり、小ジワが気になってきている方は是非、スタッフに相談して下さいませ。

 

プラセンタ

プラセンタというと一般的には動物の胎盤から摂取したものになりますが、
私達の扱うプラセンタは植物の発芽のおこる胎座という動物の胎盤に近い役割をしている場所から抽出したものです。

植物性プラセンタにも動物性同様にビタミンやミネラルが豊富で新陳代謝を活性化させて、古い角質をどんどん追い出してくれるので、透明感のある肌になり、美肌効果抜群です。

お店の某スタッフもプラセンタで集中ケアをしたらシミが目立ちにくくなってきています。
夏に弱った肌をプラセンタにて元気な肌にしていきませんか?

EGF

 

EGF(上皮成長因子、Epidermal Growth Factor)は、お肌の表面(上皮)にある細胞の成長と調節に重要な役割をする53個のアミノ酸と3つの分子内結合で形成されるタンパク質で、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が1962年に発見しました。人が本来持っているタンパク質で、人の唾液や母乳などにも多く含まれています。
このEGFは、もともとは火傷や創傷などを負ったお肌の皮膚再生医療、皮膚移植、角膜切開による傷の回復促進として研究されていた成分です。お肌の上皮(皮膚・粘膜など)の細胞にある上皮成長因子受容体(EGFR)と結びついてチロシンキナーゼを活性化して、新しい細胞をつくったり増やしたり、また正常に働くために調節する作用があります。
EGFは、お肌を若々しく保つ「人成長ホルモン」を活性化して、シミやくすみ、たるみなどの肌トラブルを改善して健康的な肌へと導きます。具体的には、次のような効果があると言われています。
お肌の表面の細胞を活性化して、新しい細胞を増産・成長させてシワを予防・改善します。
お肌の表面の細胞の再生機能を助け、創傷などの回復を助け傷跡の再生を早めます。
お肌の表面の細胞機能を正常化することで、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの抑制作用があります。
お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化して、健康な角質を作ることで色素沈着を抑制し、シミやくすみを改善します。
お肌の乾燥トラブルを改善して、キメを整え健康的で滑らかな肌へと導きます。
このように肌再生を促してくれる成長因子をプラスしてお肌の各層を整え、健康的でみずみずしい肌が育つようにケアしていきましょう!